トマトには、抗酸化作用が強く、

美白のために欠かせない嬉しい栄養素「リコピン」が含まれています。

リコピンを積極的に摂るには、加熱した方が体内への吸収が良いと言われていますが、

品種によっては生のままでも摂ることができるのをご存知でしたか?

トマト 加熱 美白 品種

加熱用トマトは3倍ものリコピンが含まれている

加熱用のトマトは、完熟している状態にあるので、

生食ように比べると、なんと約3倍ものリコピンが含まれています。

それだけではなく、ビタミンC、βカロテン、食物繊維も多く含んでいるので、

より美容や健康への効果が期待出来ます。

ただ、加熱用トマトは実が固い品種になっているのは、

煮崩れを防ぐための目的でそうなっているので、生食できないわけではありません。

美白を目指すためには、加熱用トマトならより効率よく摂ることが出来るので嬉しいですね。

黄色トマトは生でもリコピンが摂れる

一方、黄色トマトは生食でも加熱したトマトを食べた時と同じように

体内へリコピンが吸収できる魅力があります。

そもそも、リコピンの吸収が良くなるのは、加熱することで、

生の状態でふくまれるトランス型リコピンがシス型リコピンという

身体に吸収されやすい成分に変化するからです。

黄色トマトには、始めからシス型リコピンが多く含まれているので、

生食でも同様の効果があるわけです。

スポンサードリンク

加熱しなくてもリコピンが摂れる食べ方

リコピンをビタミンEと一緒に摂ると、吸収がさらにアップします。

加熱をせずに食べる時でも、

ビタミンEが豊富に含まれているオリーブオイルをトマトにかけると良いでしょう。

また、トマトと乳製品を一緒に摂ることによっても、リコピンの吸収率はアップします。

たとえば、カプレーゼにチーズを合せて食べたり、

トマトとヨーグルトを一緒に食べたりするのがおすすめです。

加熱と言うとひと手間かかるので、生の方が手軽というメリットもあるので、

そのような場合には、同時に摂る食材を工夫する方法を行ってみると良いでしょう。

まとめ

美白を目指すのは女性の憧れであり、

それを叶えてくれるリコピンが多いのがトマト。

品種の違いを知り食べ方の工夫したり、

一緒に食べる食材を意識してみたりするとより効果的に摂ることが出来るようになりますね。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク