ほうれん草は健康効果が注目されがちですが実は美容効果も期待が出来ます。

まずスキンケア効果として肌の代謝を促すビタミンAが豊富に含まれています。

またセラミドが肌の透明度を上げ乾燥肌にも改善効果があると言われています。

個人差もありますが特に冬に収穫されたほうれん草にはビタミンCの含有量が多いため美肌効果があると言われています!

またほうれん草には水溶性、不溶性食物繊維がバランスよく含まれており便意改善にも良いとされています。

食物繊維は腸内環境を整えるので便秘はもちろんのことダイエット効果も期待でき、脂質の高い食品や炭水化物を食べる前にほうれん草を使った料理を食べておくと食物繊維が脂質や糖質の吸収を防いでくれる効果が期待できます。

まさにほうれん草は女子の味方ですね!

ほうれん草 アレルギー 症状

ほうれん草アレルギー

残念ながらほうれん草アレルギーもほうれん草が食品である以上存在します。

症状は全身に赤み、湿疹、かぶれ、発疹、痒み、蕁麻疹、しびれなどの皮膚的症状が現れます。

症状も軽度から重度とあり、人によって様々な症状が発生します。

また、ほうれん草を食べるだけでなく直接接触をする、野菜ジュースなど、ほうれん草を含むミックスジュースを飲む、ほうれん草の煮汁を摂取、もしくは接触するだけでもアレルギー反応を引き起こす場合があります。

スポンサードリンク

仮性アレルゲン

赤ちゃんの離乳食に入っていることもあるほうれん草ですが、仮性アレルゲンと呼ばれる症状が出ることがあります。

症状は口の周りが赤くなってしまうことがありヒスタミンと呼ばれる化学物質が引き起こす症状です。

食物アレルギーと間違われることがありますが、全く別のものです。

また母親の母乳によって起こすこともありますし、子供のころは平気でも大人になってから発症するケースもあるようです。

まとめ

ほうれん草は健康増進、美容効果、ダイエット効果、便秘改善への期待が出来るなど良いこと尽くしの食品ですが残念なことにアレルギー物質があります。

食品である以上避けて通れないことですが、もし摂取することでアレルギー症状が出た場合は速やかに食べるのをやめ専門機関で検査してもらうことをお勧めします!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク