トマトは、生でも加熱して食べてもどちらもそれぞれの美味しさがあり、人気があります。

トマトといって思い浮かべる栄養と言えば、リコピンですよね。

リコピンを吸収するのに効果的な食べ方といえば、加熱するのがおすすめです。

より栄養価の高い食べ方を実践してみませんか?

トマト 加熱 栄養

トマトは加熱して食べよう

リコピンは、トマトの赤い色素で抗酸化作用があり、

身体を若返らせてくれる嬉しい働きをもっています。

女性にとっては、特に嬉しいアンチエイジングを目指せる成分で有名ですよね。

何となくフレッシュな生でたくさん食べれば良いのでは、

と思っている方も多くいらっしゃいますが、実はそうではありません。

正しく成分を摂るためには、

生のトマトを食べてもリコピンは摂りにくい性質を持っているので、

加熱が必要となります。もちろん、ビタミンは生のトマトでは摂れます。

加熱をすることで、リコピンは約3倍も多く吸収されやすくなるので、

より効果的な食べ方だと言えます。

加熱する時のポイント

まず、トマトは出来るだけ細かくするのが効果的です。

細胞が破壊されるので、リコピンが吸収される効果が高くなります。

ミキサーなどを活用することで、より細かく出来ますね。

次に、トマトは脂溶性なので油を同時に使う調理法がより効果的です。

オリーブオイルとトマトはパスタやソースでは定番の組み合わせで、

美味しく食べられるのですが、

それだけではなくリコピンを効率よく摂れるメリットもあったのです。

そして、加熱を行うことでさらに効率よく摂取できるようになります。

スポンサードリンク

皮まで丸ごと使おう

リコピンは、皮にも多く含まれていますので、

できるだけ皮をむかずにすべて使い切るようにするのがおすすめです。

舌触りが悪くなるのが苦手で皮をむく方もいますが、

栄養面を考慮するなら、皮のままがおすすめです。

ミキサーなどを活用すれば、舌触りも良くなるでしょう。

ただし、消化が弱っている方の場合、

皮がそのまま排便されることがあるのであまりに度々であれば、

皮をむく必要もでてくる場合もあります。

まとめ

トマトに含まれるリコピンは、アンチエイジングに欠かせない栄養素。

加熱することでより効率よく摂ることができるのであれば、

そのパワーを発揮する調理法をマスターして食べたいですよね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク