トマトは、みずみずしさもあり甘酸っぱさがある人気の野菜です。

大好きだけど、トマトを食べることで口の中に違和感があったり痒みを感じたりする方も。

もしかしたら、そのような症状が出るのはトマトアレルギーかもしれません。

トマトにもアレルギーがあるのをご存知でしたか?

トマト 加熱 アレルギー

トマトアレルギーの症状はさまざま

まず、トマトを食べると唇や舌、喉の痒みや腫れが起こる場合があります。

このような症状の場合は、口腔アレルギー症候群だと言えます。

また、花粉症がもともとある方はトマトを食べることによって

口腔アレルギー症候群も起こすことも珍しくありません。

くしゃみや鼻水が主な症状になります。

そして、皮膚の症状として蕁麻疹や湿疹が出てしまうこともありますが、

これはトマトに含まれているサリチル酸化合物が原因で、

仮性アレルゲンの症状かもしれません。

それから、口腔内アレルギー症候群を引き起こしてしまう人の場合には、

気管支が腫れ上がったりすることもありますので、

呼吸器系のトラブルに陥ることもありえます。

トマトアレルギーと一口に言ってもこのように症状は様々にありますし、程度も様々ですので、

以前そう言った症状が出たことがある方は注意をしておく必要があります。

スポンサードリンク

加熱をすればアレルギーが出にくくなる

トマトを食べると思い当たるアレルギー症状がある人は、

症状の程度によってはもう食べたくないと感じる方もいるでしょう。

しかし、それほど抵抗感がなく、やはりトマトは引き続き食べてみたいと思う人は、

生ではなるべく食べないようにするのがおすすめです。

なぜならば、加熱して食べることでアレルギーの症状が出にくいと言われているからです。

また、加熱する時に、トマトの種を取り除くのも効果的です。

それにより仮性アレルゲンの原因となってしまう化学物質を取り覗くことができるからです。

生のトマトが大好きな方は、食べられなくなるのはとても残念なことでしょうけれど、

ソースに活用したり、トマトを煮込みに使ったりすることで、

とても美味しく食べられるようになるので、その方が無難ではないでしょうか。

まとめ

トマトアレルギーがあっても、食べられないわけではなく、

加熱して調理をすれば、上手く付き合えるコツをつかめるようになるのではないでしょうか。

ただし、体調不良の時、花粉症の心配される時期は、

アレルギーが出てしまう可能性もあるので、注意は必要ですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク