茹でても炒めても、おいしいほうれん草ですが和食にも洋食にも合う野菜ですよね。

お肉や魚料理のつけ合わせでも使うことが多いので、冷蔵庫にストックがあると助かります。

また、ほうれん草が安い時期には多めに買って冷凍保存しますが、そもそもほうれん草って何日ぐらい持つのか調べてみました。

ほうれん草 冷蔵庫 何日

ほうれん草をなるべく日持ちさせる方法

葉野菜は冷蔵庫に保存していても、あっという間にしおれてしまうこともありますが、ほうれん草はどうなのでしょうか。

なるべく新鮮な状態を保つには、どのような保存方法がいいのでしょうか?

保存に適した場所と温度

ほうれん草の旬は冬で寒さに強いため、適している温度は0度から5度ぐらいだそうです。

そのため冷蔵庫の野菜室で保存することをおすすめします。

寒い冬の場合でも、ほうれん草は葉の部分が乾燥しやすいので、やはり野菜室がいいようです。

ほうれん草は何日ぐらいもつの?

ほうれん草を冷蔵庫で保存した場合、買ってきた状態にもよりますが、もって4日から5日程だそうです。

そして1週間たった頃には、葉がしなしなになっているそうですが、火をしっかり通すことで食べることは出来るそうです。

また茹でで、しっかりと水気を切り冷蔵庫で保存した場合は、約2日程はもつそうです。

スポンサードリンク

ひと手間かけることで新鮮な状態を保てる?

買ってきたほうれん草を冷蔵庫に保存する前に、ひと手間かけます。

まずペーパータオルなどを水でかるくぬらし、ほうれん草の茎と根本の方を包みます。

そして保存袋やビニールにいれ口のほうを軽くとじます。

完全密封状態は、さけたほうがいいそうです。

そうすることで乾燥しがちな葉の部分に水分がいきわたり、しおれやすい葉を新鮮な状態に少しでも長く保てるそうです。

ほうれん草によっては、2週間近く葉がイキイキしている場合もあるようです。

あと野菜室での置き方ですが、寝かせて置くのではなく立てて置くことをおすすめします。

冷凍保存した場合、何日ぐらいもつ?

生のほうれん草を、そのまま冷凍保存した場合は2週間ぐらいもつそうです。

その際、空気をきれいに抜いて保存することがポイントです。

また茹でて冷凍保存した場合は、3週間ぐらいだそうです。

どのような保存の場合でも、なるべく早く食べたいですね。

まとめ

ほうれん草の葉は乾燥しやすいため、キッチンペーパーなどで包み冷蔵庫に保存することで、もちがよくなること。

また野菜室で立てておくことなどを試してみたいです。

少しでも日持ちするといいなと思いました。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク