ほうれん草は鉄分が豊富に含まれている野菜です。

鉄分と言えば、一見肉や魚を思い浮かべますが、そう考えると、なぜ緑黄色野菜のほうれん草に鉄分が豊富に入っているのかとなります。

いったいなぜなのでしょうか。

ほうれん草 鉄 なぜ

ほうれん草に鉄分が多い理由

緑色だからこそです!

実は、ほうれん草に鉄分が多い理由は、その緑色にあると言われています。

ほうれん草の緑色は、葉緑体によるものだそうです。

葉緑体を作るためにはとある酵素が必要だと言われています。

その酵素を働かせる役割を担っているものが、鉄分を含んでいるそうです。

つまり、鉄分によって葉緑体が作られるそうです。

だから、ほうれん草が緑色だからこそ鉄分が多いと言われています。

鉄分が多いその他の野菜

鉄分が多いほど、葉緑体が豊富に作られるそうです。

したがって、緑色が濃い野菜ほど鉄分が豊富に含まれると言われています。

小松菜、よもぎ、パセリなどは、ほうれん草よりも鉄分が豊富だそうです。

そのほかにも、緑色の濃い野菜の多くは鉄分が豊富だそうです。

スポンサードリンク

鉄分を摂ると…

鉄分は、血液中のヘモグロビンという物質を作ると言われています。

ヘモグロビンは赤血球中に含まれ、酸素を体の隅々まで運ぶ働きがあるそうです。

そのため、血液を構成し、貧血を防いだり、体の疲れをとったりする働きがあるそうです。

女性や体力仕事の方は、鉄分が不足しやすいので、効果的にとるのがよいでしょう。

鉄分を摂りたいときに注意

お茶やコーヒーなどに含まれるタンニンは、鉄分の吸収を阻害する働きがあるそうです。

合わせて飲まないようにしましょう。

また、ほうれん草に含まれているシュウ酸は、鉄分と結合して鉄分を排出してしまうそうです。

シュウ酸はほうれん草を茹でることで除かれるらしいので、よくほうれん草を茹でてから食べましょう。

鉄分を摂るならほうれん草

鉄分と一緒に取りたいのがビタミンCです。

ビタミンCには、鉄分の吸収を促進する働きがあるそうです。

そして、ほうれん草にはビタミンCが豊富に含まれているそうです。

ほうれん草には鉄分も豊富に含まれているらしいので、鉄分とビタミンCが両方豊富にあるほうれん草を食べれば、一石二鳥になるらしいです。

鉄分を摂るには、ほうれん草がおすすめです。

まとめ

緑色の野菜は、鉄分を含んでいなさそうなイメージがありましたが、緑色だからこそ鉄分が含まれているとは驚きです。

また、鉄分には疲れをとる働きがあるということで、疲れがたまりやすい最近の世の中において、うってつけの栄養素ですね。

ほうれん草など、緑色の野菜を効果的に食べたいものです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク