最近では、ほうれん草を茹でる際に重曹を加えて調理する方法もあるそうです。

ですが、重曹を入れるのはなぜなのでしょうか。

重曹を入れると、具体的にほうれん草の風味等にどのような影響があるのでしょうか。

何かメリットがあるのなら、是非入れてみたいですよね。

ほうれん草 重曹 理由

重曹を入れる効果

重曹は、弱アルカリ性だそうです。

これにより、パンなどを膨らませたり、豆を柔らかくしたり、えびやいかをプリプリにする効果があるそうです。

また、ほうれん草などの青菜を色鮮やかにする効果があるそうです。

その他にも、菌の増殖を抑える効果があり、ほうれん草を重曹で茹でると、常温で保存しても色鮮やかさを消さないなどの実験結果があります。

ほうれん草の調理法

お勧めする調理法は、まず、普段と同じようにお湯を沸かします。

この時、お湯に重曹を一つまみ加えます。

あまり入れすぎると、風味が苦くなってしまいます。

その後、ほうれん草を入れ、30秒ほど茹でてから取り出し、すぐに冷水につけます。

あとは、それぞれの料理に合わせた調理をします。

スポンサードリンク

重曹の他の使い道

このように、ほうれん草を調理する際に重曹を加えると、ほうれん草がとても色鮮やかになり、おいしくいただけるようになることがわかりました。

ですが、ほうれん草を調理するためだけに重曹を買うのは、さすがにもったいないですね。

せっかく買った重曹を他の使い道にも生かしたいです。

何か他に使い道はあるのでしょうか。

キッチンの掃除

重曹は、油汚れを取る効果があるそうです。

そのため、キッチンの掃除に効果的に使えます。

まず、重曹と水を混ぜてボールなどに付け置きします。

そして、歯ブラシやスポンジなどに含んで、汚れているところを掃除します。

そうすると、きれいに汚れを取ることができます。

食器やコンロ、壁などを洗ったり、掃除することができます。

消臭剤

重曹には、においをとる効果があるそうです。

ゴミ箱の匂いも、ゴミ箱に重曹を振りかけて放置するだけで十分効果が期待できます。

台所や洗面所の排水溝にも同様です。

また、靴箱や冷蔵庫などの匂いには、空き瓶などに重曹を入れ、通気性の良いガーゼなどでふたをして靴箱や冷蔵庫などにおいておけば、効果が期待できます。

まとめ

ほうれん草は、重曹によって、視覚的においしくいただけることがわかりました。

そして、余った重曹にも、いろいろな使い道があることがわかりました。

是非、重曹を有効活用したいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事