ほうれん草と言えば、お浸しです。

そして、ほうれん草のお浸しには鰹節が乗っているのが一般的にみられる光景です。

ですが、なぜほうれん草のお浸しに鰹節が乗っているのか疑問に思ったことはありませんか。

実は、ほうれん草のお浸しに鰹節が乗っていることで、意外な効果があるのだそう。

それに迫ります。

ほうれん草 鰹節 理由

ほうれん草のアク

ほうれん草にはシュウ酸という成分が含まれているそうです。

このシュウ酸は、いわゆるアクだそうです。

シュウ酸は、過剰摂取することで尿管結石などの病気になる危険性があると言われています。

このシュウ酸は、調理の際に茹でることでほとんど取り除かれるのですが、ほうれん草を食べることで、シュウ酸を摂取してしまうリスクはありそうですね。

鰹節の役割

そこで役割を果たすのが、鰹節だそう。

鰹節には、カルシウムが豊富に含まれていると言われています。

このカルシウムは、シュウ酸と結合して、シュウ酸を排出するのに役に立っているそうです。

このため、ほうれん草に鰹節を乗せて食べることで、鰹節がほうれん草のシュウ酸を摂取するのを妨げてくれるらしいです。

ほうれん草に鰹節を乗せることで、より健康に良くほうれん草を食べられるらしいですね。

スポンサードリンク

ほうれん草のお浸しをおいしく

ほうれん草に鰹節を乗せることで、より健康的にほうれん草を食べられることがわかりました。

こうなったら、おいしいほうれん草のお浸しを作るコツを知りたいですね。

鰹節を乗せる適量も知りたいところです。

おいしく作るコツを説明します。

おいしく作るコツ

ほうれん草を水洗いする際、根元に軽く切り込みを入れます。

そこから、ボウルに水をためながら水を流しながら洗います。

次に茹でます。

鍋の熱湯に塩を入れ、茎の方だけ、歯も全部、それぞれ30秒ほど熱湯に入れます。

その後、すぐに冷水につけ、またボウルに水を流しながら冷まします。

その後軽く水けをとります。

あとは、切って盛り付けするだけです。

鰹節は一つまみほどで大丈夫です。

これで完成です。

#ほうれん草のお浸し

rinotanさん(@rinotan89)がシェアした投稿 –

まとめ

普段ほうれん草のお浸しの上に鰹節が乗っていることを当たり前のように思っていましたが、これにこのような理由があるのは驚きですね。

それも、鰹節がほうれん草を食べる上で欠かせないものであることがわかり安心です。

ほうれん草のお浸しをおいしくいただきたいものです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事