ほうれん草を調理する際には、アクを抜くために茹でる必要があります。

しかし、いちいちお湯を温めてアクを抜くのは面倒ですよね。

最近ではシリコンスチーマーで蒸す方も多いようです。

ですが、この場合、蒸す最適な時間はどれくらいなのでしょうか。

ほうれん草 シリコンスチーマー 時間 アク

ほうれん草のアクを抜く必要性

まず、ほうれん草はなぜアクを抜く必要があるのでしょうか。

これは、ほうれん草のアクの主成分であるシュウ酸が、体に害を及ぼすものであるからだそうです。

シュウ酸を過剰摂取すると、尿管結石などの病気になる原因になるらしいです。

また、アクを抜かずにほうれん草を食べると、風味や香りにも影響するそうです。

そのため、ほうれん草からアクを抜く必要があります。

茹でる必要性

ほうれん草を調理の際に茹でるのは、このアクを抜くためです。

通常は、熱湯に数十秒つけることでアクを抜きます。

しかし、この方法は面倒ですし、お湯が無駄になることもあり、最近では、電子レンジやシリコンスチーマーで蒸してアクを抜く方もいらっしゃるそうです。

スポンサードリンク

ほうれん草のアクをシリコンスチーマーで抜く場合

ます、ほうれん草をシリコンスチーマーで蒸す時間は30秒から60秒が目安です。

その後、しっかり水にさらしましょう。

水にさらさないと、アクを完全に取り切ることはできません。

怠らないようにしましょう。

茹でるのがおすすめ

確かにシリコンスチーマーで蒸してアクを抜くのは手軽にできるいい方法なのかもしれません。

ただ、アクをより確実に抜くことができるのは、お湯で茹でる方です。

手軽に調理したい方はシリコンスチーマーで蒸しても大丈夫ですが、おいしくいただきたい方はお湯で茹でる方がおすすめです。

また、ほうれん草を茹でた後にパスタなどの具材にするために再度加熱する場合にも、アクを抜くために、茹でずに加熱しないようにしましょう。

まとめ

ほうれん草のアクを抜くのは確かに面倒です。

ですけど、ほうれん草のアクの主成分から、健康に悪影響があることがわかりますし、風味にも影響することもわかります。

ほうれん草をおいしく、健康に良くいただきたいところです。

調理の方法でなるべく怠ることなく、おいしくいただきたいですね。

そして、ほうれん草を食べるのを楽しみたいです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事