ほうれん草の種を買って、家庭菜園を始めようと思う方も多いでしょう。

それもそのはず、ほうれん草は30日程度で収穫できる品種もあり、収穫するまでに時間がかからないで済むのですね。

でも、ほうれん草はスーパーで買って食べたほうが安いのでは?

そこで、種の値段を調べてみました。

ほうれん草 種 値段

ほうれん草の種はどこで売っているの?

ホームセンターやサカタのタネなどの専門のお店から、アマゾン、そして大手家電量販店の通販でも扱いがあるようです。

モノタロウやヨドバシカメラでも扱っているのは少し意外でした。

価格を比較して賢くお買い物したいですね。

ほうれん草の種の値段はいくら?

ほうれん草の種は、1袋に約630粒~30000粒入って、200円台~4000円台と、品種も量もバラエティに富んでいます。

また、家庭菜園でなく、農家の方用に、リットル単位で売られている種もあり、こちらは例えば10アールの農地面積ごとに何リットル分の種をまいたら良いかということが袋に記載されているようです。

1デシリットルあたり700円台ほどで売られているものもあるようです。

家庭菜園の場合は単位が小さくなり、ミリリットル単位のものが売られています。

40ミリリットル入りで、税込み80円台という激安のものもネット上では取り扱われているようです。

ちなみに、40ミリリットル当たり約640~1600粒入りなのだそうです。

スポンサードリンク

種がたくさん入っていても、発芽率に注意!

ほうれん草の種をまいたからといって、全部発芽するとは限りません。

標準発芽率○○%などと書かれている場合もありますから、要チェックです。

発芽率を向上させた品種もあるそうです。

ほうれん草の品種とは?

春夏用の品種なのか、秋用の品種なのかなど育てられる季節ごとに品種が分かれています。

また、特定の病気に体制のある品種や、受賞した品種というものもあります。

味が良く甘い品種や、サラダホウレンソウという軸が赤くてポリフェノールという栄養素が豊富に含まれるほうれん草もあるそうです。

早生の品種や、高温に強い品種、弱い品種などありますので、よく調べてから購入したほうがよさそうです。

まとめ

ほうれん草の種は、安いもので1袋80円台から購入できることがわかりました。

しかし、ほうれん草の品種は非常にたくさんあり、発芽率の高いものを購入することが無駄なく育てられるポイントとなりそうです。

ほうれん草は上手く育てれば、発芽しなかったり間引きしたりする分を引いても、家庭菜園で育てたほうが安くつきそうです。

ホームセンターに足を運んでみたり、ネットで比較してみたりして自分の気に入った品種を見つけられるといいですね。

以上、ほうれん草の種の値段について調べました。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク