体に必要な栄養をたくさん含むほうれん草。

どんな食材と組み合わせたらいいのでしょう?

注意することとあわせて調べてみましょう。

ほうれん草 レバー わかめ 卵 食べ合わせ

ほうれん草との食べ合わせ

レバーとほうれん草

レバーの栄養と言えば、まず「鉄分」が思い浮かびますよね。

レバーはその他にもビタミンA群、ビタミンB群、葉酸、ビオチン、亜鉛などが含まれていますが、なかでも「鉄分」とビタミンA群・B群の量はほかの食材と比べてもトップクラスの多さです。

さらに、ほうれん草と組み合わせて食べることで、貧血の予防・改善、冷え性改善の効果が期待できると言われています。

わかめとほうれん草

わかめは海藻類のなかでもおなじみの食材ですよね。

お味噌汁や酢の物など、手軽に食べられる食材です。

わかめには「βカロテン」が豊富に含まれています。

その他にもビタミンB群やビヤミンK、海藻類の特徴のミネラルが豊富、食物繊維も多く含まれるので、手軽な栄養補給源ともいえるでしょう。

しかも、カロリーが低いので、安心して食べられます。

(ヨウ素を多く含んでいるので食べ過ぎには注意)

わかめとほうれん草を組み合わせて食べることで、血中コレステロールの低下、高血圧の予防、心臓病の予防に効果が期待できると言われています。

スポンサードリンク

卵とほうれん草

生で、炒めて、茹でて・・・毎日の食卓に欠かせない卵。

食事から摂らなければならない、体に不可欠な8種類のアミノ酸「必須アミノ酸」をバランスよく含み免疫力をアップが期待できる食材です。

ほうれん草は少量のたんぱく質と一緒に摂ることで、栄養の吸収力が上がると言われています。

必須アミノ酸をバランスよく含む卵は、ほうれん草と組み合わせることで、美肌効果も期待できます。

卵とほうれん草の食べ合わせにはうれしい効果がたくさん期待できますが、ゆで卵との組み合わせはNGなんです。

卵の白身には硫黄を含むアミノ酸が含まれています。

茹でるときに、このアミノ酸が分解されてわずかな硫化水素が発生します。

硫化水素には硫黄が含まれていて、この硫黄が鉄分の吸収の邪魔をするんですね。

ですが、硫黄は卵を割るとすぐに気化するので、卵を割ってから使う料理では問題ありません。

まとめ

ほうれん草と相性のいい食材はこの他にもたくさんありますが、まずは、手軽に摂れる食材から組みあわせて、ほうれん草の栄養をうまく摂りたいですね。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク