栄養満点なピーマン。

けれど、離乳食が始まった赤ちゃんにあげるのに一番困るのが、ピーマンに付いている薄皮。

小さくするにもペースト状にするにもこの薄皮だけが残ってしまったり、そのままあげてしまうと赤ちゃんの口の中にずっと残った状態または詰まってしまうなどがあり嫌ですよね。

そこで、ピーマンの薄皮の剥き方ってどうやるのか気になったので調べてみました。

ピーマン 薄皮 剥き方

ピーマンの薄皮の剥き方とは?

ピーマンの薄皮の剥き方を調べたら、3つ方法がありました!

なので、3つ紹介していきますね。

1・焼いて薄皮を剥く

まずピーマンを縦に半分切って中のワタと種を綺麗に取り除くみたいです。

(ワタと種を綺麗に取り除くことによって、苦味が抑えられるみたいですよ!)

そしたら、縦切りで4等分にして、グリルで皮が黒く焦げるまで焼くみたいですよ!

(焼く時間は火加減やグリルによって多少変わるみたいですが、約8分焼くそうです。)

ピーマンが焼けたら、サッと冷水につけると薄皮が綺麗に剥けるみたいなんです!

※あまり水に長くつけすぎると、栄養分が溶けてしまうみたいなのでダメなんだそうです。

 

2・茹でて皮を剥く

ピーマンを縦に半分に切ったらヘタとワタと種を綺麗に取り除いたら、横半分に切るそうです。

そしたら、鍋に湯を沸かして切ったピーマンを柔らかくなるまで茹でるみたいです。

(約10分茹でるといいみたいですよ!)

茹であがったらピーマンを取って冷まして、ピーマンの端からゆっくり皮をめくり取れば皮剥き完了だそうです。

※急ぐ場合は冷水に付けて冷まさすと、早く出来るみたいですよ!

 

3・冷凍して皮を剥く

ピーマンを縦半分に切ってヘタとワタと種を取り除いたら、冷凍用のジップロックに入れて凍らせるだけみたいです。

あとは皮を剥く時に、凍ったピーマンに水をかけると簡単に剥けるみたいです。

スポンサードリンク

まとめ

ピーマンの薄皮の剥き方はどれも簡単ですぐにでも出来ますよね。

けれど、冷凍のやり方はちょっと時間が掛かるので、前もって凍らせておかないといざ使いたい時には使えないやり方でしたね。

子供は皮が気になって食べないということもあるので、紹介した中で自分がやりやすい剥き方を選んで薄皮を剥いて食べさせてあげたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事