子供だけでなく、大人でもピーマンが苦手という方は多いのではないでしょうか?

私の周りにもピーマンが苦手という方は多いです。

その苦手な理由としてはピーマンの青臭さや苦味が嫌だという方が多いみたいなんですね。

そんな青臭さや苦味を消す方法があれば、苦手も克服出来るかもしれないという方もいると思います。

なので、ピーマンの青臭さと苦味を消す方法を調べてみました。

ピーマン 青臭さ 消す

ピーマンの青臭さを消す方法とは?

青臭さを消す方法が3つ見つかったので紹介していきます。

1.料理に合わせてピーマンを切ってザルに入れたら、上からまんべんなく熱湯をかけるだけで青臭いのが抑えられるんだそうです!!

2.ピーマンの肉詰めでワタを取らずに肉を詰めると、肉特有のうま味で青臭いのが消せる。

しかも美味しいので一石二鳥ですよね。

3.切る時にピーマンの繊維に沿って縦に切ると抑えられるみたいですよ!

スポンサードリンク

ピーマンの苦味を消す方法とは?

苦味を消す方法も3つ見つかったので紹介していきますね!!

1.ピーマンを料理によって合わせて切ったら、塩を加えた熱湯で湯通しするみたいです。

そうすると、苦味が和らいで食べやすくなるみたいです。

2.ピーマンを縦半分に切って、ヘタと中の白いワタと種を綺麗に取り除く

そうすると、一番苦味が強いと言われている白いワタが無くなることで苦味が抑えられるみたいですよ!

3.炒め物と茹でる時によって切り方を変えると苦味が抑えられるみたいですよ!

炒め物にピーマンを使う時は、ピーマンの繊維に沿って切ると繊維が壊れにくくなって苦味成分が減るんだそうです。

(繊維が壊れると、そこから苦味成分が広がって苦くなるんだそうです。)

また、茹でて使う時は横切りにして茹でると、そこから苦味成分が水に溶けるみたいなので、茹で汁をしっかりと切れば苦くないピーマンになるんだそうです。

まとめ

ピーマンの青臭さを消すためには、塩茹でするか繊維に沿って切ると良いみたいですね。

また、肉詰めする時にワタを取らずに肉を詰めると、肉のうまみ成分で青臭さが消えるんですね。

他にも苦味を消す為には塩茹でしたり、苦味が強いと言われているワタを綺麗に取り除くと抑えられることも分かりました。

特に、切り方は調理法によって変えることで苦味が無くなって食べやすいピーマンになるなんて驚きですね。

これらのやり方を試して、ぜひピーマンの苦手を克服出来ると良いですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク