便秘改善に効果があるといわれている「クロロフィル」。

便秘改善でダイエットもできると注目の成分です。

このクロロフィルが、緑のピーマンにも豊富に含まれています。

ここでは、そのクロロフィルの効能などをまとめてみました。

ピーマン 便 緑

クロロフィルとは?

「クロロフィルって何?」と思われた方たちも、「葉緑素」は聞いたことがあるのではないでしょうか。

クロロフィルとは葉緑素のことです。

クロロフィルは緑色の色素なので、緑色に見える葉っぱはクロロフィルが豊富に含まれている証拠です。

このクロロフィルのはたらきで、光合成もおこなわれます。

緑のピーマンはもちろん、緑色の野菜にはクロロフィルが豊富に含まれています。

スポンサードリンク

クロロフィルの効能

デトックス効果のあるといわれているグリーンスムージー。

クロロフィルたっぷりの緑色は、さまざまな効能がありそうですよね。

実際、クロロフィルには、コレステロールを減らして高血圧や動脈硬化を防ぐ効果や、脂質異常を改善する効果があります。

そして、注目すべきは便秘改善の効果もあるということです。

これはデトックス効果といってもよいかもしれませんが、クロロフィルには体の中の有害物質を取り除くはたらきがあります。

大きさが食物繊維の5000分の1というクロロフィルが、小腸などにたまったダイオキシンや残留農薬などを体外へ排出するはたらきがあるのです。

有害物質を取り除くことで腸内環境がよくなり、便秘の改善にもつながります。

便秘で悩んでいるなら、クロロフィルが豊富な緑のピーマンを食べて改善してみてはいかがでしょうか。

まとめ

緑のピーマン以外にも、ほうれん草や小松菜などの緑色の濃い野菜にはクロロフィルが豊富に含まれています。

クロロフィルは加熱に弱い性質なので、できればサラダやスムージーなど、生で食べることがオススメです。

ちなみに、加熱するのであればスープにするのがよいでしょう。

クロロフィルがスープに溶け出しますが、無駄にすることなく摂取できます。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事