よく家庭料理に使われる食材・トマト。

トマトを長く利用するには保存方法としては冷蔵庫に保管がいいのでしょうか、常温保存がいいのでしょうか。

いまいち消費期限が定まらないトマトを日持ちさせるにはどのような保存方法が適しているのでしょうか。

トマト 日持ち 冷蔵庫 常温

常温保存をするときの条件

トマトの旬の時期と言えば夏。

夏野菜は体温を下げ、熱中症対策としても取り入れられ大変料理などにもと変われる機会が多くなります。

夏は暑くて何かとものが腐りやすり時期でもあります。

なのでトマトを購入してすぐ冷蔵庫に保存したのにぶにょぶにょになってダメにしてしまったなんて経験がある方もいるのではないでしょうか。

それは冷蔵庫に保存したからいけないというわけではなく冷蔵庫に入れる目安と保存の仕方が関わってくるのです。

まずまだ青みがかったトマトを購入してくることも多いのではないでしょうか?

青いトマトはまだ完熟ではない為熟すために常温保存をします。

そうすると、だんだん色づいてきますので、赤くなったら冷蔵庫に保存します。

だからと言ってとても暑い場所に置くのではなく、青いトマトのベストの保存気温は10~15度と言われているので、直射日光を避けて涼しいところで保存します。

赤いトマトの冷蔵保存の仕方

熟したトマト、もしくは赤いトマトを購入した場合の保存方法は冷蔵庫で保存が一番食べごろをキープできます

保存の仕方はトマトのヘタを下にして置いておきます。

ヘタを下にすることで成熟スピードが遅くなるのです。

トマト同士が重ならないように注意し、ポリ袋に入れてきっちり蓋をするか、あるいは蓋つき容器に入れて置きます

これはトマトからでるというエチレンガスの影響で、他の野菜の発育を速めてしまう事があります。

他の野菜と離して保存する方がいいのです。

トマトの賞味期限が大体7日、スーパーなどから買ってきて大体一週間程度で食べきるのがいいでしょう。

トマトは悪くなると急激に悪くなります。

なので、赤いトマトを常温で保存するとあっという間に悪くなってしまうので赤く熟したトマトは早めに冷蔵庫で保存することをお勧めします。

赤いトマトの育成温度というのが大体15~25度であるので、真冬以外は購入したらすぐに冷蔵庫に入れてください。

スポンサードリンク

トマトは冷凍保存も可能

トマトの保存は基本的には冷蔵庫でビニールにいれて口を閉じる、というのが基本ですが、もっと長く保存する方法としては冷凍保存があります。

冷凍保存した際は一ヶ月程度持つと言われています。

冷凍の際はトマトのヘタを取り、フリーザーパックに入れてから冷凍庫に入れて保存します。

冷水で解凍すると皮が剥けやすくなったりしまので料理にも重宝します。

トマトの賞味期限は一週間ですが、それが過ぎて時間が経つと皮がしわしわになりぶよぶよしてきます。

ぎりぎり食べれるレベルだと判断しても、柔らかくなってきていたら加熱処理して食べるほうがいいです。

ミートソースやトマトソースにした方が、またさらに保存がきき長く食べられます。

ちょっとトマトに異変を感じるようならトマトのヘタの部分をチェックしましょう。

一番カビが生えて腐りやすいのがトマトのヘタの部分です。

そうなった場合は廃棄して食べないでください。

まとめ

赤いトマトとまだ完熟していないトマトの違いはあるものの基本的にエチレンガスに気を付けて冷蔵保存することが一番美味しくトマトを食べれる方法だという事です。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事