赤く綺麗なトマトはサラダに欠かせない主役的な存在で、よく安くなってるからと沢山購入する人も多いのでは。

しかしながら、どれくらいの期間腐らずに美味しく食べれるのか、賞味期限ってよくわからないですよね。

トマトに賞味期限はあるのでしょうか。

また、おいしいトマトの見分け方などはどういったところをみればいいのでしょうか。

トマト 甘い 腐る おいしい 見分け方 選び方

トマトに賞味期限ってあるの?

トマトに賞味期限があるのでしょうか。

見た目は皮が少ししわが出て柔らかい程度だとなんとなく食べてしまいます。

明らかにブヨブヨで白カビや黒カビが生えていたりすると賞味期限切れというのはわかりますが、意外とどの期間というのは知らないものです。

トマトの保存期間の目安は大体青みがかったトマトは常温で2~3日程度。

赤いトマトであれば冬場は1週間程度になります。

傷があったりするともっと短くなります。

常温保存は冬場だけにして、夏場は冷蔵保存にします。

青みがかったまだ若いトマトは最適温度は10度~15度、赤いトマトの場合は8~10度です。

青みがかったトマトは赤くなったら冷蔵庫に入れるといいです。

トマトの保存方法は

トマトの保存の仕方は、冬場は常温で出しておいてもいいですが、傷がつくとそこからカビて腐ってしまうので注意しましょう。

冷蔵庫での保存方法としてはトマトのヘタは必ず下にして重ならないように野菜室で保存します。

赤いトマトはこれ以上熟れすぎることを防ぐ意味でもポリ袋にいれて保存します。

トマトの口をしっかり縛るのも忘れないようにしましょう。

これはトマトがエチレンガスというものを出すからです。

エチレンガスは他の野菜を早く熟させてしまうので、それを防ぐためです。

また重ねておくことで傷がつきやすくなったりエチレンガスが溜まりやすくなったりもするので買った時の箱やパックにビニールをかけて口を縛って野菜に保存するのがいいでしょう。

青いトマトも最初は常温で保存しても赤くなって野菜室に入れるときは袋に入れて保存します。

切ったトマトや傷のついたトマトは皿やタッパーなどにのせ空気が入らないようにラップをします。

スポンサードリンク

おいしくて甘いトマトの選び方・見分け方

美味しくて甘いトマトの選び方は、まず実ではなくヘタを見るのがポイントです。

ヘタが濃い緑色でしなびてなくイキイキしているものほど新鮮証です。

さらに実の方も全体的にまん丸で色づきが平均的なものを選びます。

角ばっているようなとまとは中がスカスカだったり、ヘタ近くにヒビがあるものに関しては味が落ちると言われています。

ヘタの逆側、トマトのお尻と呼ばれているところを見ると筋が放射線状に出ているものがあります。

この筋がはっきり沢山出ているトマトが甘いトマトと言われています。

トマトの色が濃いのも甘くておいしいトマトの特徴になります。

さらに購入したトマトの中で甘いトマトを探すのであれば、水に沈めてみましょう。

甘いトマトは水に沈むと言われています。

水に沈むトマトは糖度8度からのとても甘いトマトと言えます。

まとめ

焼いても生でも、サラダや煮込みでも、とても使いやすいトマトは冷蔵庫によく保管されているものですが、保管方法で賞味期限に大分差があることと、他の野菜にも影響することがわかりました。

正しく保存して、美味しいトマトの見分け方で一層美味しくいただきたい食材です。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク