赤ちゃんはまだ言葉を上手に発することができないので、こちらがいろんな健康面に気をつけてあげなければいけません。

赤ちゃんにとっても、便秘は体にいいこととは言えません。

便秘気味の赤ちゃんにはトマトを使った離乳食で改善できる効果についてです。

離乳食 トマト 便秘 赤ちゃん 便秘

赤ちゃんの便秘

離乳食が始まった赤ちゃんの便秘の原因は食べ物や生活習慣などの環境などです。

排泄したからといってもコロコロとしてとても堅いうんちの場合は便秘気味ということです。

また逆に何日か出ていなくても苦しむこともなく出た時に柔らかいかんじであれば便秘ではありません。

何日かうんちが出ずに堅いものを排泄する時は赤ちゃんにとって地獄の苦しみですので、そうならないためにも水分を多く取らせたり、食生活に注意することが大切なのです。

 

トマトの栄養素で赤ちゃん便秘とさようなら!

トマトにはリコピンやカリウムという成分が含まれています。

そのリコピンには体内を暖めて代謝をよくして臓器の動きを整える効果があります。

またカリウムには排泄にとても大切な腸の動きを活発にしてくれ排泄をスムーズにできるように促してくれる効果があるのです。

この二つの力をもって赤ちゃんの便秘は解消できるので、離乳食にはトマトスープやトマトジュースを使ったリゾット風のごはんを食べさせると良いです。

血液もサラサラになって免疫力もあがるので健康的な体作りを強力にサポートしてくれます。

スポンサードリンク

どの時間帯の離乳食のメニューにトマトを使う?

離乳食の朝ごはんに是非トマト入りのメニューにして下さい

昼間や夜よりも栄養素の吸収率があがる時間帯は朝なのです。

朝から赤いトマトが食卓に並ぶと気持ちも元気になりますし、何より効率の良い摂取時間なのです。

まとめ

赤ちゃんの便秘解消にはトマトを使った離乳食が助けてくれます。

トマトスープにオリーブオイルを数滴入れて飲ませてあげると吸収率もさらにあがるので是非試してみてください!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク