サラダに彩りを与えてくれるおいしいトマトですが保存のちょっとした工夫で冷蔵庫で一週間は保存ができる方法があります。

今回はトマトの選び方から保存方法についてです。

トマト 冷蔵庫 一週間

赤いトマトと青いトマト

たくさんトマトを買って保存する時の買い方のテクニックとしては赤いトマトと青っぽいトマトを半々で買うと賞味期間にずれがあるので長い期間使うことができます。

まず熟れる前の青っぽいトマトは冷蔵庫にすぐに入れずに常温で保存しておきましょう。

だいたい直射日光があたらない場所で、涼しい場所で保存をおすすめします。

10℃~15℃ぐらいが最適の室温です。

このときに必ずトマトのへたの部分を下に向けて保存することが長持ちの秘訣です。

赤みが増してきたら完熟しきる前に冷蔵庫に移します。

最初から冷蔵庫に保存する赤いトマトとこの期間で賞味期間にずれが出てきます。

赤いトマトの場合も冷蔵庫に保存する時は、ヘタの部分を下にしておくことが大切です。

トマトのへたが下を向いていると熟成される速度が遅くなるので傷みを防ぐことができます。

他の野菜と離して保存しよう!

トマトは野菜室に保存する時にはできればフタつきの容器や袋かラップに包んで保存することが一週間は保たせるために大切なことになります。

トマトには野菜を熟成させてしまうエチレンガスが多く発生する性質があるので、トマト自体をまもるためと他の野菜の傷みを防ぐために必ず覆うことが重要です。

スポンサードリンク

傷があるトマトは?

傷のあるトマトは残念ながらそのままで冷蔵庫に保存したとしても2~3日しか持たないので注意しましょう。

たくさんのトマトに傷が入ってしまった場合はトマトソースやピューレなどにして一旦加熱して保存すると長持ちできるようになります。

まとめ

リコピンたっぷりの栄養バツグントマト。

ヘタを下に向かせることで長持ちするのは不思議ですね。

育ってきたときの逆の方向で熟すのが遅くなるのは、なんだか人間が逆立ちして歩きづらいのと同じようなかんじですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク