生トマトの丸かじりって一番おいしい食べかたのような気がします。

トマトに砂糖をかけたり、塩をかけて食べたりと色々な地域があります。

あなたはどちら派ですか?

今回はトマトの砂糖派・塩派について調べてみました。

トマト 食べ方 生 皮 砂糖 栄養

砂糖派は関東より北に多い

統計的には関東より北にお住まいのかたにトマトに砂糖をかけて食べる人が多いようです。

トマトの甘みにさらにお砂糖の甘みが加わってデザート感覚でおいしいらしいです。

たしかにトマトのスイーツもお砂糖を使ったドライトマトやフルーツトマトばかりなので合わない感じもしません。

逆にトマトに塩をかけるかたは関東より西日本に多いようです。

塩分のおかげで甘みが余計に増すかんじになるところにおいしさがあるようです。

どちらにしてもそれぞれの好みなので正しいも間違いもありませんが、体に良いということには変わりないのですすんで食べたい食材ですよね。

スポンサードリンク

ダイエットの味方!トマトの砂糖漬け

トマトにはカリウムがたくさん含まれています。

このカリウムは腸の動きを活発にしてくれるので便秘解消にとても良い効果があります。

腸内環境が整うと代謝がよくなるので痩せやすい体を作ることができるのです。

ダイエット中は甘いものが食べたくてもなかなか食べれずにストレスにもなります。

そんな時にトマトの砂糖漬けはいかがでしょうか?

 

(材料)

プチトマト    15個

砂糖      大さじ2

(作り方)

①洗ってヘタを取ったプチトマトのおしりにつまようじで一ヶ所だけ穴をあける。

②プチトマトを熱湯に20秒だけ茹でる。

③ゆでたプチトマトを冷水で冷やし、皮をむく。

④トマトに砂糖をまぶし混ぜ合わせ冷蔵庫で一晩寝かせたらできあがり。

 

こんなに簡単にできて、デザートみたいに甘いのにヘルシーなのでおすすめです!

まとめ

トマトは塩にも砂糖にも合う万能野菜です。

血液をサラサラにもしてくれて、美肌効果にも優れているので毎朝口にしたい食材ですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事