生で食べてもフレッシュでおいしいトマトは、トマト酢にしてもおいしくて血圧を下げる効果にバツグンなのです。

今回はトマト酢についてまとめてみました。

トマト 血圧 酢

最強タッグのトマトと酢の相乗効果

トマトにはリコピンは豊富に含まれていてビタミンEの100倍以上の抗酸化作用があります。

活性酸素を除去してくれるので老化防止や若返りにはかかせない効能ですね。

血液をサラサラにしてくれて血管を強くしてくれるので高血圧を防ぐことができます。

またカリウムという成分が体内の塩分を尿として排出してくれる効果に優れていることも高血圧予防に繋がっています。

アルコールで負担がかかってしまう肝臓にも優しい成分なのです。

お酢にも血液を浄化し血中コレステロールをさげたり、高血圧改善・予防の効果があります。

似たような効果を併せ持つトマトとお酢がタッグを組めば、高血圧ももう怖くありませんね。

トマト酢を作ろう!

高血圧改善・予防にかかせないトマト酢を手作りしてみましょう!

(材料)

トマト    1個

砂糖    大さじ1

塩     小さじ2分の1

水     200ml

お酢    50ml

(作り方)

①お鍋に砂糖、塩、水を入れてよく溶かしたら冷ましておく。

②冷ました液にお酢を加えてよくかき混ぜる。

③きれいに洗いヘタを取ったトマトにフォークで数箇所穴をあける。

④液の中にトマトを入れて6時間以上漬け込めばできあがり。

 

トマトジュースに入れて飲んだり、ドレッシングのように使ってもおいしいです。

お腹がすいている時にいきなりトマト酢を飲んでしまうと胃にかなりの刺激が起きるので、食後に飲むことをおすすめします。

スポンサードリンク

いつ飲むと効果的なの?

トマトのリコピンは昼や夜よりも、朝に体内への吸収率があがる時間帯だと言われていますので朝食の後にトマト酢を飲むことで効率があがります。

まとめ

サンドイッチやサラダにも合うトマトはお酢に漬け込んでもおいしく健康的に体に取り入れることができますね。

お酢に漬け込むことで保存期間も長くなるのでとてもおすすめです。

りんごジュースに混ぜても子供には喜ばれます。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク