トマトが嫌いな方って結構いますよね。

その嫌いな人って子供のころからどうしても食べられない!という方が多いんです。

トマトの嫌いな理由って?何で子供にトマト嫌いが多いの?など気になってきますよね。

そこで、トマト嫌いの理由となぜ子供に多いのか調べてみたので紹介したいと思います!

トマト 嫌い 理由 多い なぜ

トマト嫌いな理由

トマトが嫌いな理由は以下の意見が多いみたいです。

・トマトの種やゼリー部分が嫌!

トマトの種の粒粒感やゼリー部分のグニュグニュした感じがどうしても口に入った時が気持ち悪くて嫌みたいなんです。

・苦いのや酸味が嫌!

完熟していないトマトは酸っぱくて、子供にとっては酸っぱいのは嫌な味の一つなんだそうです。

・匂いがダメ!

トマトには独特な青臭さがあり、その匂いがダメという方も多いようです。

・お友達が嫌いだから嫌いになる!?

周りにトマトが嫌いというお友達がいると、自分も友達のようにしたい!という子供なりの心理が出てきて、「嫌い!」というようになってしまうこともあるみたいです。

スポンサードリンク

トマト嫌いは子供に多いのはなぜ?

なぜ、子供にトマト嫌いが多いのか気になりますよね。

実は子供は大人よりも味覚が敏感で、酸味や苦味など独特の味にすぐ反応してしまう傾向があるみたいなんです。

しかも、その反応で脳が「これは食べたら危険」と判断し、体を守るために食べてはいけないものとなって、必然的に嫌いになってしまうみたいなんです。

つまり、子供は食べ物などを本能で判断してしまうんですね。

それなので、味覚が子供の頃とは違ってきて、大人になってから食べられるようになったという方も多いようです。

まとめ

トマト嫌いの人の理由は、トマトの種やゼリー部分の食感が嫌という人、酸味や苦味が嫌という人、青臭い臭いがダメなどたくさんありました。

確かに、見た目と食感の違いのギャップで食べるのが嫌になることがありますよね。

また子供にトマト嫌いが多いのは、大人よりも味覚が敏感で酸味や苦味などにすぐに反応してしまうからなんですね。

こういったトマト嫌いな理由を活かして、トマト嫌いを克服できるといいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事