トマトは料理する用途によって、切り方を使い分けますよね。

その中でもサラダやソースに使うのにさいの目切りやサイコロ切りのように、四角に切ることもあると思います。

けど、いざ切るとなるとどう切ればいいのか分からないし、どう違うのかも分からないですよね。

私もさいの目切りとサイコロ切りのやり方は一緒じゃないの?と思っていました。

そこで、さいの目切りとサイコロ切りのやり方が気になったので調べてみました!

トマト さいの目切り サイコロ切り やり方

トマト切る前の注意とコツ!

トマト切る前に必ず包丁の切れ味を確認しときましょう!

トマトは柔らかいけど、皮は切りにくいので切れ味が悪いとトマトが潰れてしまうので、切る前は2,3回くらい研いでおくといいかもしれないですよ。

また、トマトを切る時は包丁の刃を大きく動かすのがコツです。

とても綺麗に切れますよ!

トマトのさい目切りのやり方

アボカドなど一緒に食べるサラダに入れるには、さいの目切りが彩りにもよくおススメ!

そのさいの目切りのやり方を紹介します。

1、トマトのヘタを包丁でくり抜いて取る。

2、トマトを横半分に切る(ヘタがあった側とない側に分ける)
種が気になる方は種をこの時に取り除いてくださいね!

3、半分に切ったトマトを今度は横にスライスして、格子状に切ったら完成。

スポンサードリンク

トマトのサイコロ切りのやり方

トマトソースを作る時の切り方は皮をむく、サイコロ切りがおススメ!

そのやり方を紹介します。

1、トマトのヘタを取り、皮は湯むきして取っておく。

2、トマトを横半分に切る

3、スプーンなどで種を取り除く。
(柔らかいので優しくやらないと潰れてしまうこともあり注意!)

4、半分に切ったトマトを横にスライスして、格子状に切る。

5、格子状になったトマトをサイコロの形に切って完成。

まとめ

トマトのさいの目切りとサイコロ切りはやり方は同じだけど、皮をむくのかむかないのかの違いでした。あとは、料理によって違うので使い分けしてやれば、見た目も綺麗にできますよね。

しかも、他にもいろいろな切り方があるので料理に合わせて切り方も変えていきたいですよね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク