夏場に旬をむかえるトマト。

家庭菜園してたくさん取れたり、スーパーで安く出ていてつい買いすぎちゃって余ってしまうなんてことありませんか?

私も家庭菜園でトマトがたくさん摂れた時は、すぐに食べきるだろうと思っているのですが、結局食べきれずに余ってしまうことがありました。

けど、冷蔵庫で保存しても長持ちあまりしないし、だからといって冷凍の保存方法ってどうやるのか分からないですよね。

そこで、トマトをどのように保存したらいいか調べてみたので紹介していきたいと思います。

トマト カット 冷蔵庫 冷凍 保存 方法

トマトは冷蔵庫で保存するのは間違いだった!?

トマトを買ってきたら、冷蔵庫にしまいますよね。

しかし、トマトは冷蔵庫での保存はしないほうがいいみたなんです。

長い間冷蔵庫で保存していると、トマトの栄養素が失われてしまい味も落ちてしまうみたいなんです。

どうしても冷蔵庫に入れた場合は、食べる直前に冷やす程度にするのがベストなんだそうですよ!

トマトを保存するなら冷凍が一番いい?

実はトマトの保存期間は常温保存(2~3日)や冷蔵庫の保存(約1週間)に比べて、冷凍保存は2か月ととても長期間保存できるんですよ!

しかも、保存期間が長いだけでなく栄養面も常温や冷蔵庫保存に比べると、とても高い状態にあるんだそうです。

なので、トマトの栄養をしっかり摂って尚且つ長期保存したいのなら、冷凍保存が一番いいですね。

スポンサードリンク

冷凍保存の方法・保存する時はカットするべき?

トマトを冷凍保存する時は、カットせずに保存した方が栄養素も逃げず、味も落ちないで美味しく頂けるみたいですよ。

冷凍保存の方法は下記になります。

1、トマトのヘタを取り、綺麗に水洗いしたらよく水気を拭き取る。

2、トマトは切らないで、そのまま丸ごとジッパーの付いた袋に入れて、空気をしっかり抜いて密封状態にする。
(ミニトマトは重ならないように平らに並べる)
※急速にトマトを冷凍した方が美味しいので、アルミトレーを使うといいみたいですよ!

3、使う時は自然解凍せずに凍ったまま使うと、栄養素が落ちず美味しくいただけます。
(冷凍のままだと皮もむけやすくて便利!)

これが冷凍保存の方法になります。

簡単で、しかも冷蔵庫にも余裕ができるのでぜひやってみるといいかもしれないですね。

まとめ

冷蔵庫に保存するより、冷凍で保存した方が栄養も落ちずに美味しく食べれることが分かりました。

また、カットして冷凍してしまうと栄養が落ちてしまうので、そのまま丸ごとが一番いいみたいですね。

それに冷凍することで長期保存ができるのはとても嬉しいですね。

これからはトマトを買ってきたら、冷凍保存して栄養もしっかり摂って美味しく食べたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク