ピーマン料理のベスト3と言っても過言ではないピーマンの肉詰めについて概略と美味しさについて書きます。

料理レシピの様に個々の仕込みについては簡素化して流れだけにしておきますが、アレンジ的な応用の部分では少し入った内容にしたいと考えております。

牛肉の細切り炒めと肩を並べる定番メニューの肉詰めですね。

在青椒里装入肉、文章で書くと左の様になりますけど、分かるような、、、って感じですね。

ピーマン 肉詰め 理由

簡単な作り方と美味しさ

もうタイトルに肉詰めって書いてありますから、何となくでもピーマンの中に肉が詰まってるんでしょ?

それを焼くなりするんでしょ?

って思われそうですが、そうなんですよね。

ピーマンを半分にタテに切って中身をえぐり取って下味をつけたミンチ肉(ハンバーグの材料に似てる)を詰めて焼くパターンですね。

蒸してふっくらさせるシェフをいらっしゃいます。

一般にはピーマンはタテ切りですけど、横に切って演出させるケースもあるようです。

お料理レシピではお肉の選択は牛肉派と合いびき派と別れているようですが、ピーマンはどちらでも寛容に受け入れてくれそうです。

どちらも上手い!でまとめられていますから。

もちろん肉面から焼いてうま味的なものを中で凝縮させるそうです。

それでタレ的なソースを上からかけて完成となるんですが、タレ無しで下味を濃くする人もおられればソースをミソ・醤油・万能タレと時の気分で変えるパターンもあるようです。

ピーマンそのものが油と肉には抜群の相性がありまして消化吸収においても文句なしなので当然美味しいとなる訳ですが、定番だからこそ各ご家庭のこだわりが味や調理法に出るんではないでしょうか?

スポンサードリンク

まとめ

ピーマンって中が空洞なので、それを上手く器として可愛らしくいただけるアレンジメニューですね。

お子様と一緒に楽しみながら下ごしらえもできて会話のはずむ食卓になりそうに思えます。

やはりお肉との相性が良すぎるのか、ピーマン単体よりお肉との相乗レシピがトップに君臨するのは美味しさからも証明されますね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事