野菜は時期によって、値段が変動します。

特に冬になるとトマトなどの値段が高くなっています。

野菜にかかる値段の抑え方と、値段の変動の仕組みを調べてみました。

トマト 冬 値段 高い なぜ

冬のトマトは何故高いのか?

トマトは夏が旬の野菜で、旬ではない時期のトマトはビニールハウスでの栽培などで、コストがかかるのでトマトの値段が高くなります。

トマトの収穫時期は4~8月ぐらいの温かい時期になります。

この時期はトマトの生産量が多くなります。

大量に作られたトマトは消費されなければ腐ってしまいお金にはなりません。

消費をするためには値段を下げる必要があります。

そのため、暖かい時期はトマトの値段が安くなるのです。

トマトの需要は、冬でも鍋やサラダなどで食べられるので変わりません。

しかし、生産されているトマトの量が少ないためトマトが足りなくなってしまいます。

そうなるとトマト自体の価値が上昇して値段が高くなります。

値段が変動する仕組み

野菜の値段は、需要と供給によって変動していきます。

需要は変動しにくいですが、テレビや雑誌、ネットなどで話題になると大幅に需要が増加します。

需要よりも供給があると、野菜が余ってしまうので売りきるために値段を下げます。

需要よりも供給が下回ると、野菜が足りなくなり、お金を多く支払ってもほしい、高くても売れるということで、卸売が値段を上げていきます。

この仕組によって価格は変動しています。

最近では、値段の安定のために、輸入にかかるコストを調整をしたり、気候に影響されない室内での栽培などで生産量を増やしたり、旬の時期以外にも栽培できるように改良された野菜などの手段をとっています。

スポンサードリンク

野菜にかかる出費を抑える

冬でも鍋など野菜の需要はあります。

野菜にかかる出費を抑える方法は、安く購入したり、別の野菜を取り入れたり、自分で栽培するという方法を使えば出費は少なくできます。

最近では、インターネットでも野菜を買うことができます。

販売されている野菜は、量がありますが、共同購入などをしたり、日持ちのする野菜であれば、通常のスーパーなどで購入するよりは安くなる場合もあります。

代わりの野菜を使うという手もあります。

特にもやしはいろいろな野菜の代わりに使えます。

ハクサイが高い時期の鍋にもやしを入れてかさ増しをしたり、代わりに水菜など他の野菜を使う方法もあります。

自分で栽培すると安くすみます。

家庭菜園をするスペースがある場合は自分で栽培することで購入するよりも安くなります。

栽培の手間はありますが、種と土、肥料の値段を差し引いても十分育てれば元がとれます。

まとめ

冬のトマトが高い理由は、需要はあるが生産が無いので価値が高くなるから。

需要と供給のバランスによって値段が変動してきます。

野菜にかかる値段を抑えるためにはインターネットを利用したり自分で栽培すると良い。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク